MENU

ドM淫魔が凌辱でアヘ顔する天パ屋さんのエロ漫画

この記事はドM淫魔が凌辱でアヘ顔する天パ屋さんのエロ漫画についてご紹介します。

この作品は女主人公×ご奉仕プレイものになっています。

"
タイトルドM淫魔が凌辱でアヘ顔する天パ屋さんのエロ漫画
品番RJ288963.html
タグ怨霊,感情,人間,浄化,少女,彼女,自警,予言,洞窟,魔女,対峙,敗北,死亡,グール,絶望,発情,奉仕,快楽,淫魔,口移し,ギリギリ,憎しみ,我慢,解放,素直,享受,過程,秀逸,その後,面影,心酔,アフター,描写,自身,世界,運命,一部,判明,ラスト,サークル,作品,今後,期待,続編,次回,お待ち,男性,性行為,場面,中出,興奮,悲鳴,一番,キャラクター,レズシーン,必要,主人公,体内,目的,みたい,エロイ,シーン,用意,魅力,キャラ,個人,非常,信頼,絵柄,強制,洗脳,過激,嗜好,正直,そっち,アラン,感想,同人,センス,爆発,申し訳,発想,シチュエーション,独自,能力,シエル,最後,ページ,滅亡,真偽,確認,破壊,誕生,調査,巣窟,同行,探索,最中,離れ離れ,奔走,無事,帰還,出発,喧嘩,幼馴染,少年,根城,不死,ミザリィ,興味,凌辱,物語,セリフ,視点,モノローグ,進行,基本,成人,要素,本編,序章,部分,開始,分割,女性視点,女主人公,アヘ顔,中出し,陵辱,悪堕ち,処女,,淫魔,ロリ,彼女,天パ屋さん,性行為,洗脳,ご奉仕プレイ,凌辱
メーカー天パ屋さん
発売日2020年05月24日
販売数1216
お気に入り数691
レビュー数3
レビュー平均点4.47
~あらすじ~ 負の感情に囚われた魂、怨霊を浄化する能力を持った少女『シエル』。 彼女の暮らす村では、古くから伝わる予言書があった。 そして、最後のページに記されている予言は…村の滅亡。 予言の真偽を確認すべく、村を破壊する『破壊者』が誕生すると思われる洞窟に 村の自警団が調査に向かうことになったが、そこは怨霊やグールの巣窟。 その為、浄化の力を持つシエルも同行することとなった。 洞窟内を探索する最中、自警団と離れ離れになるシエル。 彼女は自警団を探すため、洞窟内を奔走する。 自警団の皆と無事に村へ帰還すること。 そして、出発前に喧嘩別れしてしまった幼馴染の少年『アラン』にもう一度会えることを願いながら。 しかし、シエルは洞窟を根城としている不死の魔女『ミザリィ』と出会ってしまう。 シエルの浄化の力に興味を示したミザリィはその魔の手を伸ばそうとしていた―。 ====================================================== 心を浄化する力を持つ少女が、凌辱を経て心を壊されてしまうお話です。 物語はセリフのほか、キャラクター視点のモノローグで進行します。 基本CG:11枚(成人向け要素無し含む) 本編:163枚 jpg・pdf版同梱。 ※PDFは物語の序章部分と成人向け要素開始部分からの分割版も用意しています。ドM淫魔が凌辱でアヘ顔する天パ屋さんのエロ漫画

【天パ屋さん】ロングヘア淫魔のケツが丸見えな作品

""""

作品の天パ屋さん、ドM淫魔が凌辱でアヘ顔する天パ屋さんのエロ漫画の紹介です。

この作品は室内で少年と魔女処女がご奉仕プレイします。

快楽ものが好きな人におすすめしたい。

ボリュームボディな処女の凌辱、魔女ロリの性行為がエロいです。

そしてポニーテールの処女がたまらん。

洗脳している時の淫魔の小さいまな板おっぱいが良い作品です。

また、処女のクリトリスに少年がおチンポを挿入しますがお尻がパクパクしてるのがよき

天パ屋さんの作品を毎回買うほどにファンでしたが今回も魔女女主人公の凌辱が刺さった作品でした。

ペニスのデカイ少年が魔女淫魔とのご奉仕プレイにハマる内容で天パ屋さんの作品が好きな人や魔女淫魔との洗脳もの作品を探している人はいかがでしょうか。

こんな人におすすめ

天パ屋さんの作品でロリの美乳で抜きたい人

操られた男性との性行為場面では、思い人の名を呼びつつも中出しされているので、結構興奮しました。 大きな悲鳴を上げて嫌がっている場面も中々のものでした。 一番良かったのは淫魔のようなキャラクターとのレズシーンです。 キスをして悪堕ちをするのに必要なものを、主人公の体内へと入れるのが目的だったみたいですが、かなりエロイ場面だと思いました。 この淫魔にはもう1つエロシーンが用意されています。 ただ、彼女はエロくて魅力的なキャラなので、できれば主人公ではなく、彼女が上になった方が良かった気がします。

怨霊も、負の感情に囚われただけの、元は人間。そんな怨霊を浄化する際にも、心が救われていることを願ってあげられるような、心優しい少女。 彼女は、自警団達と、村が滅ぶという予言を退けるため、入った者が誰も帰ってこなくなるとされる洞窟へ入り、そこで魔女と対峙します。 魔女に敗北し、既に死亡しグールへと変えられた自警団に襲われ、絶望する彼女。発情し、性奉仕に快楽を感じるようになる淫魔の魂を魔女に口移しで飲まされ、感じてしまうも、決して心はギリギリ折れないで耐えていました。 そこで魔女は、彼女になかった憎しみの感情を与えます。今まで優しい良い子でいた彼女は、我慢しないで負の感情を解放する気持ちよさ、素直に性快楽を享受する気持ちよさを覚えて、淫魔へと悪堕ちしてしまいます。 この心が壊される過程がとても秀逸でした。 その後の、優しい彼女の面影もなく、村を襲い、魔女に心酔する姿も悪堕ちアフター描写としてgreatでした。魔女自身も悪堕ちしたかつて世界を救おうとした人間で、大きな悪堕ちの運命の一部にしか過ぎなかったと判明するラストも良きです。 初めてのサークルさん(かな?)で、こんな良い悪堕ち作品をやってくれるとは、今後も期待大です。続編または次回作をお待ちしています。

こんな人におすすめ

天パ屋さんの作品で処女のデカパイで抜きたい人

トップ