MENU

バカデカい乳ヒロインが自宅で本番SEXするBlue Percussion(ブルー・パーカッション)の同人誌

この記事はバカデカい乳ヒロインが自宅で本番SEXするBlue Percussion(ブルー・パーカッション)の同人誌についてご紹介します。

この作品はロリ×レイプものになっています。

"
タイトルバカデカい乳ヒロインが自宅で本番SEXするBlue Percussion(ブルー・パーカッション)の同人誌
品番RJ242081
タグ続編,完結,リョナ,描写,今回,メイン,オマケ,程度,媚薬,注入,シリーズ,購入,裸体,本番,行為,代わり,丁寧,ニッチ,作品,正義,ヒロイン,仲間,ピンチ,渾身,一撃,見舞い,返り討ち,きれい,髪の毛,セリフ,手入れ,賜物,無造作,自分,シーン,ぎてぶちぶちちぎれちゃうんです,無残,ボーン,先生,非常,デッサン,物語,違和感,感情,移入,前作,オススメ,一品,前編,ゴールド,こちら,最初,ところ,ポイント,ストーリー,仕立て,執拗,キャラ,満足,作者,こだわり,途中,要素,完全,問題,絶望,演出,最期,漫画,両方,クローズアップ,唯一,無二,アクション,表現,綺麗,粗末,無情,個人,重要,サムネ,カラー,工夫,少女,身体,後編,重点,首筋,自身,容赦,白目,痙攣,失禁,筆者,性癖,二部作,此方,単体,十分,一部,部分,注意,絶体絶命,最後,強敵,ヴォーゼン,強烈,攻撃,奇跡,意識,最大,パワー,必殺,ベアハッグ,トドメ,ピータス,現場,モノクロ,本編,ページ,暴力,性的,レイプ,リョナ,,ヒロイン,ロリ,Blue Percussion(ブルー・パーカッション),リョナ,失禁,本番SEX
メーカーBlue Percussion(ブルー・パーカッション)
発売日2018年12月27日
販売数2622
お気に入り数942
レビュー数5
レビュー平均点4.51
戦う正義のヒロインの絶体絶命なピンチを描くシリーズ第4弾! 前作「すとらんぐるゴールド3」の続編であり完結編。 全ての力を出し尽くしたリサに最後のときが迫る。 (前作と今作のみストーリーがつながっています) ●ストーリー 前作で、強敵ヴォーゼンの強烈な攻撃により力尽きたかに思えたリサ。 奇跡的に意識を取り戻し、最後の力をふり絞り最大パワーの必殺技をヴォーゼンに叩き込む。 だが、その攻撃ですらヴォーゼンを倒すことはできない。 すでに戦う力が残されていないリサの体を、ヴォーゼンは再び容赦のない攻撃で壊し始める。 ベアハッグ、噛みつきやツノによる胸責め、腹責め、そして…トドメの首絞め攻撃がリサを襲う。 リサを救うため、仲間のピータスが現場に向かうが、そこには… ●モノクロ本編25ページ 全29枚 (暴力的な描写、性的な描写があります)バカデカい乳ヒロインが自宅で本番SEXするBlue Percussion(ブルー・パーカッション)の同人誌

【Blue Percussion(ブルー・パーカッション)】ロングヘアロリのおしりが丸見えな作品

""""""""

バカデカい乳ヒロインが自宅で本番SEXするBlue Percussion(ブルー・パーカッション)の同人誌についてご紹介します。

この作品はBlue Percussion(ブルー・パーカッション)のデートラブラブが魅力の作品です。

ロングヘアロリが失禁する所がエロかったです。

そして裸ロリの胸が揺れるのが竿に悪いですw

ロリのパイパンマンコが自分のちんぽを受け入れているところもよいですね。

綺麗ロリの包茎を挿入された時のアへ顔がとてもそそります。

ロリのま○こがエロい作品も良かったのですがハリのよい乳首も見ごたえがありました。

ロリが出てくる作品が好きな人はもちろんロリのま○こがエロい作品なので興味が出た人はいかがでしょうか?

こんな人におすすめ

Blue Percussion(ブルー・パーカッション)の作品でロリのオ○ンコで抜きたい人

前編に当たるすとらんぐるゴールド3では腹パンメインでしたが、こちらは首締めがメイン。 最初から一旦死んでる(?)ところから始まるのがなかなかポイント高い。叶わないとわかっていながらも引くことができないというストーリー仕立てもgood。 より執拗に攻め立てる敵キャラにも満足しました。作者の首絞めに対するこだわりの強さを感じます。 途中の媚薬(?)要素は好みが分かれるかも。 あと、これは完全に好みの問題なんですが、完全に●●してから行為に及ぶのですが、これはこれで絶望感を演出していて良いのですが、生きたまま行為に及び、そのまま首を絞められ最期を迎えるというのもみてみたいなと思いました。

非常に絵がうまい。さらに漫画がうまい。両方を兼ねそろえていてかつ首絞めにクローズアップした作品は唯一無二と思われる。漫画としてのアクションが描けないと戦えるヒロインが力及ばずやられるという流れを表現できないのでうまいのはすばらしい。 綺麗なヒロインが粗末に扱われる無情感が個人的にリョナでは重要要素と思うがこの作品はそのへんしっかりしてる。サムネがフルカラーとか目を引くような工夫があればもっと売れててもおかしくない。

正義感の強いヒロインが仲間のピンチに立ち上がり、渾身の一撃をお見舞いしようとするが返り討ちにされます いいように玩ばれ、自らの長くきれいな髪の毛で首を強く締め付けられちゃったりします… 「…いい髪だ」というセリフから、この子がその長い髪の手入れを欠かさずやってきた賜物のであり、(さらに「髪は女の命」とまで言われるようなもの) それで無造作に自分の首をぎりぎりされちゃうシーンがすごくいいです。しかも、力が入りすぎてぶちぶちちぎれちゃうんです…すごく無残です。 ボーン先生の非常に高いデッサン力によって物語中に違和感なく感情移入できて、すぐに抜くことができます。 前作と合わせて、オススメの一品です

こんな人におすすめ

Blue Percussion(ブルー・パーカッション)の作品でロリの割れ目で抜きたい人

トップ