MENU

デカ乳ヒロインが室内で凌辱するサイセンコイのアダルトコミック

この記事はデカ乳ヒロインが室内で凌辱するサイセンコイのアダルトコミックについてご紹介します。

この作品はふたなり×中出しものになっています。

"
タイトルデカ乳ヒロインが室内で凌辱するサイセンコイのアダルトコミック
品番d_159001
タグ蕎麦,洗脳,サークル,ジャンル,好物,定期,購入,作品,時折,対象,完全,最終,目的,今回,複数,シーン,本番,有様,段階,中毒,存在,恋人,イチャラブ,良質,達成,淡白,拍子抜け,ところ,相手,手段,大事,次回,一番,綺麗,満足,姦計,人間,人達,同然,生活,生き残り,王族,リリーシア,天竜,騎士,祖国,解放,成功,英雄,ティル,家族,今後,団長,日々,常勝,無敗,平和,安寧,今度,復讐,家畜,物語,セリフ,基本,差分,各種,合計,内容,暗示,精神,改造,記憶,愛情,操作,疑似,ラブラブ,日常,会話,蟲触,生物,味覚,開発,ふたなり,淫紋,鬼畜,調教,放尿,排泄,管理,全身,ラバー,人格,破壊,視覚,表現,要素,清廉,無様,その後,主人,支配,ギャップ,サイズ,形式,サンプル,画質,公開,ブログ,参考,注意,触手,女性,同士,プレイ,ヒロイン,苦手,拘束,男性向け,異種姦,放尿・お漏らし,中出し,触手,成人向け,ヒロイン,ふたなり男の娘,騎士,触手,奴隷,サイセンコイ,洗脳,調教,排泄,放尿・お漏らし,本番SEX,凌辱
メーカーサイセンコイ
発売日2019/07/31 16:00
販売数534
お気に入り数172
レビュー数3
レビュー平均点433
かつて姦計により人間達の国に滅ぼされた竜人国、生き残った竜人達は奴隷同然の扱いを受け虐げられ続ける生活を送っていた。 そんなある日、生き残りの王族である‘竜姫リリーシア’が天竜騎士団を率いて祖国を解放することに成功する。 祖国と誇りを取り戻した竜人達は竜姫リリーシアを英雄と称え、 新たな王となった竜姫リリーシアの弟‘ティル’と共に新しい竜人国を築き上げていく。 たった一人残った家族であり弟のティルに王の座を任せた竜姫リリーシアは 今後も天竜騎士団の団長として竜人国の民と弟を守るために日々戦う道を選んだ。 向かうところ敵なし、常勝無敗の天竜騎士団を抱えた竜人国の平和と安寧は今度こそ長く続くかと思われた。 …しかし、そこに復讐を誓った一人の男と一匹の家畜奴隷が現れる。 その男こそ一度は竜人国を滅ぼした人間達の国、その王族の生き残りであった。 これはかつて竜姫リリーシアによって全てを奪われた男が、その全てを…魂までもを奪い返す物語である。 ◆洗脳凌辱セリフ付きCG集◆ ・基本CG11枚、セリフ付き差分が約348枚ほど。+セリフ無各種差分174枚で合計522枚になります。 ・内容は『暗示刷り込みでの精神改造』『記憶と愛情操作による疑似的なラブラブHや日常会話』『蟲触手生物による味覚改造や尻穴開発に疑似的なふたなり』 「淫紋」「鬼畜」「奴隷調教」「放尿・排泄管理」「全身ラバー」「人格破壊」「悪堕ち(今回視覚的な表現はありません)」などといった要素が盛り込まれています。 強く気高い清廉な竜姫騎士が泣いて無様に許しを乞う姿と、その後のご主人様に媚びへつらい支配される喜びに打ち震える姿とのギャップをお楽しみ下さい。 ・サイズは【1024×768】です。PNG形式です。 ・サンプルにはサイズを小さくし、画質を落としたものを公開しています。 ・ブログにてサンプルCGのほかにサンプルシーンを公開しています。よろしければご購入の際の参考にぜひどうぞ。 ※注意 触手生物による疑似的なふたなりやそれを用いての女性同士のプレイ、ヒロインに尿を飲ませるプレイや 鬼畜、触手、アヘ顔などの要素を含みます、苦手な方は注意してください。デカ乳ヒロインが室内で凌辱するサイセンコイのアダルトコミック

【サイセンコイ】超乳ふたなりが室内で洗脳する作品

""""""""""

騎士の放尿・お漏らしがイチオシの作品、デカ乳ヒロインが室内で凌辱するサイセンコイのアダルトコミックの紹介です。

美乳がたまらないショートヘアふたなりが室内で調教する展開となっています。

綺麗のふたなりはとてもエロいです。

そして、ポニーテールのふたなり男の娘がたまりません。

ロングヘアで綺麗の騎士と一緒におじさんが本番SEXしているところ、割れ目が見えていい感じです。

一番いいのは、ふたなり男の娘が恥部の中でイクとき、まるで洗脳されてるようなアへ顔をしていることです。

また、ラバーふたなりの豊乳が揺れるのもよき。

おしりも丸見えでラバー騎士のケツ穴を堪能できました。

総評として巨乳ボディのラバー触手が好きな人におすすめの作品です。

こんな人におすすめ

触手の美乳が出る作品が好きな人

蕎麦とマヨさんは昔から洗脳モノを作っているサークルさんです。 私は同ジャンルが大好物ですので定期的に購入させていただいておりますが、蕎麦とマヨさんの作品には、時折、「対象を完全に洗脳すること」が最終目的になってしまい、「洗脳してエロいことをする」のが疎かになってしまっていることがあります。 今回の作品がまさにそれで、完全に洗脳するまでには複数のエロシーンがありますが、完全に洗脳した後は、まさかの本番無しという有様で、なんとも歯がゆいものを感じました。 もちろん、完全に洗脳する前の段階でも、対象をチ●ポ中毒にしたり敵である存在を恋人だと思い込ませてイチャラブHなどの良質なエロシーンはあります。 ですが、目的である完全洗脳を達成した後が淡白すぎては、エロ作品としては些か拍子抜けもいいところではないでしょうか。洗脳とは相手を堕とす手段の一つであり、堕として終わりではなく、堕としてからどうエロいことをするかが大事なのではないかと思います。 蕎麦とマヨさんの次回作が良いものになりますよう、心から祈ります。

こんな人におすすめ

ふたなりの肉体が出る作品が好きな人

トップ