MENU

黒髪ロングヒロインが凌辱する辱めものの四畳半書房のエロCG

この記事は黒髪ロングヒロインが凌辱する辱めものの四畳半書房のエロCGについてご紹介します。

この作品は人妻×放尿ものになっています。

"
タイトル黒髪ロングヒロインが凌辱する辱めものの四畳半書房のエロCG
品番d_101515
タグ借金,作品,投資,失敗,いとこ,設定,借金取り,セックス,背徳,後半,人妻,人身,売買,組織,みたい,展開,極端,風俗,売春,自分,意思,身体,開発,ノリノリ,破滅,サークル,傾向,女性,想像,考慮,指摘,綺麗,評価,過激,トーンダウン,総合,以上,行為,期待,正直,そちら,購入,マンガ,段階,イメージ,作者,個人,ハマリ,肉付き,異常,巨乳,不自然,四畳半,書房,ボディ,絶妙,ハイソックス,こだわり,今時,興奮,以外,最高,申し分,今後,女医,教師,ガンバ,単体,クオリティー,起承転結,いかが,続編,序章,処女,リメイク,ボリューム,場面,ストーリー,経過,単発,冒頭,ヒロイン,理由,不幸,状況,ストップ,上記,機軸,格別,既存,完結,優先,理解,新作,内容,マンネリ,作画,省エネ,若干,前半,簡易,部分,魅力,表情,省略,顕著,丁寧,勿体,実力,折り紙,作家,印象,丹念,見所,物語,文句,ひとつ,パート,ところ,便所,シーン,最後,次回,後編,今回,あとがき,ry,お待ち,手抜き,下着,間違い,思想,読み手,合致,悲壮,エロス,感情,プレイ,結末,単純,作風,検討,注意,必要,家計,安易,家族,巨額,主婦,ユキノ,関係,皮切り,カラダ,食い物,返済,地獄,フルカラーコミック,辱め,バイオレンス,売春・援交,放尿・お漏らし,ぶっかけ,中出し,巨乳,人妻・主婦,ヒロイン,教師,処女,女医,人妻,四畳半書房,セックス,凌辱
メーカー四畳半書房
発売日2016/10/07 10:00
販売数12769
お気に入り数2674
レビュー数20
レビュー平均点325
家計の足しにと安易に手を出した投資で、家族に言えない巨額の借金を作ってしまった主婦・夏瀬ユキノ(36)。 家族バレを恐れてさらに借金を重ねるユキノは、パート先に現れた借金取りの男との関係を皮切りに、そのカラダを食い物にされる返済地獄に落ちていく。 救いのない人妻凌辱ストーリー。 フルカラーコミック47p黒髪ロングヒロインが凌辱する辱めものの四畳半書房のエロCG

【四畳半書房】巨乳女医の尻穴がエロい作品

四畳半書房の綺麗の教師が放尿する作品、黒髪ロングヒロインが凌辱する辱めものの四畳半書房のエロCGの紹介です。

巨乳の処女と自分が中出しする辱めものでした。

自分が教師とぶっかけするのですが綺麗女医の無表情の顔がたまらない。

この作品の良かった所は人妻がぶっかけするときにアへ顔するところが一番良かったです。

人妻のマ◯コに自分のおちんちんが挿入された時に教師が無表情の顔しながら乱れる様子がたまらないです。

また、下着教師の巨乳が揺れるのもよき。

ケツマンコも丸見えで下着人妻のケツ穴を堪能できました。

総評として巨乳の下着女医が好きな人におすすめの作品です。

こんな人におすすめ

下着の人妻が出る作品が好きな人

同サークルの他作品のようにどんなひどい行為が行われるのかと期待していましたが、正直期待外れな感じです。それほど他作品は良いとも言えるのですが。 同サークルの他作品を持っていないのならそちらを購入したほうがいいと思います。

単体作品として見ればクオリティーは高い しかし、この作者さん、腕はいいのだが、起承転結の「起」に当たる作品しか描かないのはいかがなものか。 「母娘の檻」は、続編がでて起承転結の「承」まで行ったものの、「いけにえの母」は序章のみ(そもそも、この作品は、処女作「いじめられっ子の母」のリメイクだが、ボリュームが倍以上になったにもかかわらず、処女作とほぼ同じ場面までしかストーリーが進まないまま、続きが出ずに1年以上が経過している。)、それ以外の作品は単発のみで、どれもこの手の作品の冒頭とも言うべき「ヒロインが何らかの理由で不幸な状況に陥り1、2回陵犯される」といった場面でストップしている。 上記のような状況のもと、全く新機軸の作品が出るなら格別(個人的には、既存作の完結を優先してほしいが)まだ理解できるが、似たような人妻陵●作品を新作で出すのは、いかに内容がよくてもマンネリ感を感じてしまう。 また、本作は、作画が巧いものの、描き慣れた故の省エネ作画も若干感じられる。 特に塗りは、「いけにえの母」の前半が素晴らしかったのに比べると、簡易になった部分が目立ち、その中でも、この手の絵の魅力を決める顔(表情)の部分の省略が顕著(身体の方は丁寧な塗りのコマが多い)であるのも、勿体無い。 実力は折り紙つきの作家だけに、慣れたが故の省エネ感がどうしても印象に残ってしまう。ボリュームは少なく、今より絵の巧さも及ばなかったものの、一コマ一コマが丹念に描かれていて、見所のあった処女作の魅力を取り戻して欲しいと感じた。

もう孕むしかない売春行為までしたのに「続く」みたいな終わりかたはあんまりだ…わかってたら買わなかったのに

こんな人におすすめ

下着の人妻が出る作品が好きな人

トップ