ダイエットは体重管理が大切

私の体重は50kgを少し上回る程度。元々痩せ型の体形でダイエットなどあまり気にしたことがなかった。ところが結婚を契機に徐々に太り始め、気が付けば10kgほどアップとなり、さすがにこれではいかんと思い、ダイエットで何か簡単にできるものはないかとしきり検索をしてみるもそう簡単には痩せることなんてできるわけない。
よし!それではジムにでも行ってみるかと一念発起して週末の仕事休みにジム通いをすることに。毎週土曜日に約2〜3時間しっかり汗をかき、自分なりに満足のいくものだったのですが、ジムでがんばることが「一杯飲むか!」に連動してしまい、心は満足しても体重は一向にへらない最悪セットになってしまい、ダイエット断念。
そこでカミさんに相談し、やり始めたのが「食事ダイエット」。食べることを減らす作業ではなく、肉など動物性たんぱく質を摂ることを魚から摂ることに変え、またおかずのメニューは野菜中心に変えるダイエット。
皆さんがちまたで聞いたり、見たりするダイエットメニューで新鮮味がないかもしれませんが、私の場合、これが結構よかった。
野菜のメインはキャベツで、我が家の冷蔵庫にキャベツがない日はほとんどなくなりました。
キャベツは生でサラダにして食べてもいいし、みそ汁や炒めてもいいし、味の印象があまりない分、なんにでもなじみます。がん予防の効果も期待できるし何よりも安い!
野菜は玉ねぎやジャガイモ、ピーマン、にんじんなどなんでも食べます。食べ方はサラダばかりでは飽きるし、つまらないものになってしまうので、温野菜にしてみたり、炒めてみたり、ご飯の中に入れて「なんとかご飯」を作ってみたり。この「なんとか」はキノコだったり、トウモロコシだったりで、我が家の一番のお薦めは「にんにくマンマ」と言って、あらかじめ油で熱を加えたにんにくを炊飯器に塩昆布といっしょに入れて炊くメニューなのですが、これがおいしい!まいう〜っです。
ジャガイモなんかはご飯は今日はいいかな、なんて時に圧力なべで蒸して「ジャガイモのまんま」でほくほくのそれをいただきます。ジャガイモそのものの風味が全面に出て、これもおいしい。
こんな感じで野菜を楽しむ生活を続けていたら、7kgウエイトダウンに成功しました。ほとんど元の体重に戻り、特にダイエットという意識もせず、ストレスとして感じることなく達成できました。
誰もがそうなるとは言えませんが、一つ言えるのはストレスなくできることをやる、に尽きると思います。
私の場合、野菜ダイエットが性にあったのでしょうね。