ダイエットと言うと、運動したり食事制限したりしなければならないことが容易にイメージ出来ますよね。何もしていないところから始めるので、時間的な負担も感じてしまいます。ですから、なるべく運動や食事制限を続けられるようにしていくことが大切なのですが、これをサポートしていくのが痩せるお茶の役割です。つまり飲んでさえいれば痩せる、というような代物ではないということです。お茶ならば摂取する事もさほど苦労はないのではないかと思います。普段から水分補給はしますので、その際に痩せるお茶を飲むようにすればよいのですから。

 

 

 

では、お茶がなぜダイエットに向いているのかというと、成分として含まれているポリフェノールの効能によるところです。これが代謝を良くしてくれたり、脂肪の燃焼をしたり、胃腸の状態を整えてくれたりしますので、ダイエット目的ならずとも、健康効果が期待できるのです。

 

ポリフェノールと一口にいっても様々な成分が入っておりまして、よく耳にするカテキンもポリフェノールの一種なのです。他には、これらも有名ですが、ワインに含まれるアントシアニン、大豆などに含まれるイソフラボンもポリフェノールに含まれる成分なのです。どれも体に良いとメディアなどではよく取り上げられていますね。なじみのある言葉であると思います。

 

ダイエットをする際に重要な内臓器官があり、それは体の代謝に関しての司令塔である肝臓です。栄養成分の要、不要を判断し吸収と排出を行います。ですから肝臓の働きが悪いと、代謝が悪くなるので、ダイエットも効果が出にくくなりますし、なにより体にとってよくありません。ここでポリフェノールの力が発揮されます。ポリフェノールには肝臓の解毒作用を助ける機能がありますから代謝を良くすることが出来ます。ダイエットするには代謝が良い事は大きな味方になります。

 

 

 

つらいダイエットや運動の効果をより高めてくれるお茶はダイエットととても相性が良いのです。最初から意気込んで無理な事から始めるよりも、小さな相乗効果をうまく生かし、成功させてほしいと思います。