VIO脱毛は恥ずかしい!?今や幅広い世代の女性が通っている!

 

VIO脱毛と聞くと、なんとなく「デリケートゾーンの脱毛のことかな…?」というイメージはわくのの、その実態をあまり知らないという方は多いようです。そして、場所が場所だけに、「ちょっと恥ずかしい…」と思ってしまう気持ちも不思議ではないですよね。VIO脱毛について知ることで、そんな恥ずかしさも払拭されるかもしれません。勇気を出して一歩を踏み出し、多くのメリットを手に入れましょう!

 

 

VIOって何?脱毛って無毛を目指すの?

 

まずVIO脱毛について簡単に説明をさせていただきます。VIOとは、女性のデリケートゾーン(ビキニで隠れる下半身の部分)を、その形状に応じて指す名称です。
Vは前方から見えるV字状の部分、Oはおしり(肛門)の周囲、VとOの間がIラインとなります。それらの箇所を脱毛することを、一般的に脱毛サロンなどではVIO脱毛と呼ぶのですね。

そんなVIOゾーンの脱毛と聞くと、「毛のないツルツルの状態を目指すの?」「それはちょっと…」と思われる方も多いでしょう。たしかに、ワキをはじめ、サロンで行うさまざまな部位の脱毛は、基本的には毛の無い状態を目指しておこなっていき、ツルツルになることをゴールとなりますよね。その感覚でVIOを捉えると、たしかにムダ毛処理は楽にはなりそうなものの、公衆浴場をはじめさまざまな場所で「恥ずかしい」と感じてしまいそうでためらう方も多いでしょう。

しかし、安心してください。VIO脱毛は、もちろんこのようにツルツルで無毛の状態をゴールに設定することもできますが、「もう量が多すぎるのを減らしたい」「IOラインだけツルツルにしてVラインは残したい」「Vラインを希望の形に整えたい」といった、「毛を減らすための脱毛」も叶えることができるのですよ!

 

VIO脱毛経験者はどんどん増えている!

「でも、VIO脱毛って、女優さんとかそういう一部の人しかやらないのでは…?」自分にVIO脱毛なんてハードルが高い、無縁、と思われる方も多いでしょう。しかし、たしかに昔はほとんどの方がそのような箇所の脱毛をしなかったかもしれませんが、今では多くのか方がVIO脱毛を行っているようです!

数年前にある脱毛サロンがデータを発表していたのですが、サロン脱毛の会員となっている方の1/3程度の人が、VIO脱毛も体験している、もしくは定期的に通っているとのことでした。脱毛サロンに行っている女性はとても多いですし、そのなかの3にんに1人がVIO脱毛経験者となると、いかにVIO脱毛がメジャーになってきているかがわかりますよね。VIO脱毛は、いまではとても気軽であるとともに、身だしなみの一つとなっているのかもしれませんね。

 

VIO脱毛をする目的は、オシャレだけではない!

 

VIO脱毛の目的を考えた際、「毛を気にせずかわいい水着や下着を着こなしたい」「彼氏や旦那さんなどの前で恥ずかしい思いをしたくない」といった、オシャレや身だしなみを目的とする方はたしかに多いです。女性としてきれいでありたい、自然と考えてしまうことですよね。

しかし、VIO脱毛の需要が高まっている背景には、実はこういった「オシャレ目的」以外の理由がたくさんあるのです。

まず、以外かもしれませんが、子育てを終えたシニア世代の方が、VIO脱毛に申し込んで通う場合が多いとのことです。これは、老後のことを考えた際に「介護をしてもらう身になった時、トイレや入浴介助(などシモのお世話)を手伝ってもらうときに、身内やヘルパーの方に極力迷惑をかけないように、陰部をきれいにしておきたい」という思いから、シニア世代がVIOの毛を減らすことを選択する場合が多いようです。

また、20代なかば~40代くらいの出産を考える女性が、健診や出産の際に(ただでさえ精神的負担の多い格好となる診察台や分娩台で)少しでも恥ずかしさを減らしたい、と妊活前から計画的に脱毛をすることが多いようです。実際妊娠をするとサロン脱毛には通えなくなりますし、おなかが大きくなってくると自己処理も難しくなりますし、失敗をして余計な痛みを背負ったり雑菌が入ってしまうのを特に避けたい時期でもありますよね。サロンで事前に脱毛をしておくと、そういった心身の負担も減りますね。

そして、すべての女性にとってメリットとなるVIO脱毛の特徴が、デリケートゾーンを(見脱毛より)衛生的に保つことができる、ということです。特に生理時や、暑いとき、おりものが多いときなどは、毛があることで余計にジメジメ不快感やにおいが増えてしまいます。こうなると、気持ち的にもストレスが増えてしまいますよね…。そういった、女性の日々の衛生面での悩み解消のためにも、VIO脱毛をしておくことを選択する方が増えているのですね。

 

まとめ

このように、VIO脱毛を行うことは、いまでは「普通」のことだといるでしょう。もちろんサロンのスタッフの方は慣れっこ、お手のものですし、もちろんお客さんの気持ちにより添って最大限の配慮(タオルを掛けたりさっと終わらせたり)をしてくれますので安心してサロンで相談をしてみてくださいね.

投稿を作成しました 31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る